タオルワークで知っておきたい3つの目的

HOME | アロマセラピストコラム | タオルワークで知っておきたい3つの目的

タオルワークで知っておきたい3つの目的

一流のアロマセラピストはタオルワークも一流

「礼に始まり礼に終わる」という言葉がありますが、お客様に触れることで置き換えると「タオルワークに始まりタオルワークで終わる」と言っても過言ではありません。   なぜなら、トリートメントをする際お客様へのファーストタッチは通常タオルの上からとなり、最後の締めくくりもタオルの上からとなるからです。   最初の印象が悪いとお客様は不安になりますし、最後の印象が悪いと「またココへ来たい!」という気持ちが薄らいでしまいますし、なにより重要なのは「タオルワークから伝わることは思っている以上に多い」ということです。   一流のアロマセラピストになるため、スクールでは実際に練習を始める前に知っておくだけでワンランク上のタオルワークが出来る『3つの目的』をお伝えしていますので、ぜひ参考にしてみてください。

タオルワークの【3つの目的】

アロマセラピストがスクールで学ぶべきことにタオルワークがあります。
タオルワークは印象に残りやすく、一流のセラピストを目指すのであればタオルワークは必須の技術になりますのでしっかり学んでいきましょう。
アロマセラピスト タオルワーク スクール
 
 

①心を伝える

先ほどもお伝えしましたが、タオルワークから伝わることはとても多いのです。
雑なタオルワークや、淡々と動かすだけのタオルワークではそんなつもりではなくとも、お客様には雑な扱いをされているように伝わってしまいます。
そのため、まるで宝物を扱っているかのようにすごく丁寧にタオルワークを行うことで『お客様を大切に扱っていますよ』と伝える、アロマセラピストにとってコミュニケーションのひとつだと言えます。
一流のセラピストはタオルワークも所作一つでお客様を満足させたり、安心させたり、リラックスさせたり、落ち着かせることができます。
また快適でマッサージやトリートメントを受けやすい環境を作るためにも声かけ一つこだわって伝えます。
アロマセラピスト タオルワーク スクール

 
 

②羞恥心の保護

男性セラピストは特に気をつかわなければいけないポイントです。
お客様は施術するにあたって裸に近い状態になっているため施術する部位以外は必ず隠しましょう。
タオルワーク時にバタバタ激しく動かすと、こちらはそんなつもりではなくともお客様は「なんだか落ち着かない」「なんか恥ずかしい」という気持ちになってしまいます。
相手がどう感じるかが大事なので、恥ずかしいと感じやすい部分はより『しっかり丁寧に』を意識すると良いでしょう。
お客様に心からのリラックスしていただくためにも恥ずかしいって思われないタオルワークを心がけましょう。
アロマセラピスト タオルワーク スクール

 
 

③保温

これは冬だけの話ではなくエアコンが効いている夏にも言えることです。
動いているセラピストと裸に近い状態のお客様の体感温度は思っている以上に大きく違います。
さらに、しっかりと包み込まれ身体が温まることで安心感が湧きます。
ミルクでもおむつでもなく泣いている赤ちゃんをしっかりと包み込んであげると安心して泣き止むことが多いのと同じ原理と言えるでしょう。
そのため、肩先や足先などがはみ出していると肌寒いだけではなく、ここでもお客様に不安や雑な扱いをされていると感じさせてしまうため「端から端まで」を意識し、しっかり包み込みましょう。
ここで注意したいのが、包み込むだけではなく隙間を開けないことです。
タオルとお客様の間に隙間があると風が通りせっかく包み込んでいても肌寒く感じさせてしまうことがあるため丁寧に隙間を埋めることも保温に大切な心配りと言えます。
アロマセラピスト タオルワーク スクール
アロマセラピスト 資格 スクール

世界一のセラピストのアドバイス

男性セラピストとしてタオルワークにはとても気を使いました。
人一倍意識してタオルワークを練習して、お客様の気持ちになって考えた
タオルワークになります。
スムーズかつ効率的に動かすことはもちろん、お客様への愛の表現の一つになります。

動画で詳しくチェック

コラム一覧

一流のアロマセラピストになるための準備

練習と準備方法のコラム

 
一流のアロマセラピストになるための準備

一流のセラピスト
タオルワークの3つの目的

タオルワークのコラム

 
一流のセラピストのタオルワークとは

愛される資格のあるセラピスト

愛される資格のコラム

 
愛される資格のセラピスト